2009.12.27

長期優良銘柄は短期投資に向かない

私の株式投資歴は10年を超えますが、そのなかで最大の反省といえば、短期投資と長期投資の区別が中途半端だったことになります。その反省から、少し前から、長期投資は現物口座で、短期投資は(現物口座に現金を担保したうえで)信用口座で、明確に分離しておこなうことにしました。短期では、損益と期限を常に明らかにしていることが金利負担を差し引いても意味があると考えました。そのあたりのことをつらつら書いてみます。今となってはアタリマエのことを書いているだけですが。

続きを読む "長期優良銘柄は短期投資に向かない" »

2007.01.20

銘柄をみる流れ

 不人気シリーズ弟4弾です。「定量分析」と「定性分析」の関係を文章にしておこうかな、と思いました。

続きを読む "銘柄をみる流れ" »

2007.01.08

損益と固定費(利益急増編)

 損益(利益又は損失)は、収益と費用の「差額」です。それ自体が、独立した存在ではありません。

続きを読む "損益と固定費(利益急増編)" »

2006.12.28

ゴリラを最初に買いに入る時期

 正月休みに、読もうと思っている本に、「ゴリラゲーム」の著者、ジェフリームーアの新作「ライフサイクルイノベーション〜成熟市場+コモディティ化に効く14のイノベーション」があります(株の本ではありません)。今回は、ハイテク以外も含め100社以上の事例があるそうです。

続きを読む "ゴリラを最初に買いに入る時期" »

2006.10.15

売切り型ビジネス、累積型ビジネス

 不人気連載第三弾です。つい先日、拙稿で【前年度比利益が、20分の1になっても、驚きません。】と書いたばかりのブイテクノロジーが、その3日後に、経常利益75%減の大幅下方修正を発表しました。

続きを読む "売切り型ビジネス、累積型ビジネス" »

2006.09.14

ゴリラ企業の時代背景

 バフェットは「【コモディティ企業】ではなく【消費者独占企業】を買え」と述べています。この、消費者独占企業とは、私が、このブログで書いている「ゴリラ企業」と同じなのでしょうか。

続きを読む "ゴリラ企業の時代背景" »

2006.08.19

歪みも裁定もない株式市場では

 株式市場は短期的には非合理的だが、長期的には合理的だと考えられています。もし、「需給」「過度の楽観と悲観」「情報認識不足」などの、非合理性が、全くなかったら、例えば、市場参加者のすべてが、冷静沈着、頭脳明晰なスーパーコンピューターだったら、どうなるでしょうか。

続きを読む "歪みも裁定もない株式市場では" »

ゴリラ企業の破壊力

 普通の成長企業(元気なモンキー)と、新創造市場の盟主たるゴリラ企業の違いを、年代風に説明します。

 車でもテレビでもパソコンでも、新しい技術が社会に浸透していくとき、その普及率は必ず、「S字カーブ」を描きます。最初はゆっくりと、そして、どんどんと加速していき、そして、少しずつ減速していくというコースです。

続きを読む "ゴリラ企業の破壊力" »

2006.08.18

バリュー投資至上主義を批判する

 前回投稿「低PER相場に慣れっこに」に引き続き、バリュー投資至上主義への批判です(笑)。バリュー投資が悪いと言っているのではありません。お間違えのないように。

続きを読む "バリュー投資至上主義を批判する" »

2006.08.13

株主のための株主資本比率考

 株主資本比率(自己資本比率)は、自己資本と負債の比率で、負債が少ないほど財務は安定していて良い会社です、利払いが少なくてすみますから。とだけ、一方的に書いてある本があれば、私は即、ゴミ箱に捨てます。
 株初心者本の多くは、財務の現場を知らないので、こうした株主軽視の記述を、書くのです。しかし、残念なことに、ほとんどの本がそうなのです。株主コストがゼロなんて書いてある本なんて、株主軽視もいいところです。

続きを読む "株主のための株主資本比率考" »

より以前の記事一覧