« GoogleとFacebook | トップページ | 和田興産 »

2010.10.27

MacBookAir、新発売される

MacBookAir、あちこちで激賞されていますね。

私は、MacBookPro15を、クラムシェルモード(蓋を閉じたまま)で、外部モニターに接続して使っています。クラムシェルモードでは(磁石タイプの)電源を外せば、スリープに入るので、スリープから強制復帰の可能性はなく安心です。そこで、シャットダウンすることなく電源の抜き差しだけで対応しています。以前は、Mac起動の間に珈琲を入れるぐらい時間がかかりましたが、今は、机の上においてある珈琲を口まで運ぶ時間すらかかりません。

もっとも、私のMacBookProは、ハードディスクを撤去し、SDDなので、一から起動してもかなり早いです。

そういうわけで、MacBookAirが発表されたときに、そのスペックを見て、「このCPUでは、たいしたことないな」とか、思ってました。私には関係ないなと。しかし、それは大間違いだったようです。もはや、CPUとか、スペックで判断する時代ではなかったのです。

昔は、「アップルは、ハードからOSまで、全部、自前だからだめなんだよ」と言われた時代がありました。しかし、状況はまったく逆になったようです。今度のAirには、垂直的なものづくりの利点がかなり生かされているようです。

 とりあえず、レビューを3つ紹介。

○ 「アップルはやはりユーザー本位の会社です」by 田園 MACさん
○ 「グッドバイ、MacBook Pro―今度のMacBook Airはそれほど素晴らしい」by TechCrunch
○ 「思わず発売日に予約したMacBook Airの非凡な魅力」by PC Watch

 一方、「DVDドライブがない」とか、不満を言っている化石のようなレビューもありますね。こういう人は、以前、「iMacにはフロッピードライブがないから、使い物にならない」とか、言っていたんでしょうね。

« GoogleとFacebook | トップページ | 和田興産 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3873/49861978

この記事へのトラックバック一覧です: MacBookAir、新発売される:

« GoogleとFacebook | トップページ | 和田興産 »