« ボンクラが社長をしていても | トップページ | イー・ギャランティ »

2009.08.16

待ちに待ったiPhoneGS

 今夏、発売開始されたiPhoneGSで、iPhoneもやっと、《新しい物好き》のための道具から、先に進めそうな感じがあります。私も「次のバージョンアップで劇的機能向上があるはず。今は我慢」と待ってきましたが、8月初旬に購入してしまいました。普通に使う限り、きびきびと動き、処理速度的な不満は今はありません。

 この処理速度を維持(向上)し、液晶サイズを縦横それぞれ2倍にして製品化すれば、凄く便利(大きすぎて携帯としては使えませんが)。そのとき、サブノートパソコンは完全に要らないと思います。

 Twitterの盛り上がりがiPhoneGSを後押ししているみたいです。勝間和代さんとか、堀江貴文さん(ホリエもん)とか、TwitterからiPhoneGSへと、進んでいます。

 私もTwitterを始めてから、他のユーザーの強い勧めでiPhoneユーザーになったが、確かにiPhoneとTwitterはとても相性がいい。(「Twitter」が日本でブレークするための条件 勝間和代)

 今回、取り上げるのは、ソフトバンクホークスの小久保裕紀選手。

 福岡ソフトバンクホークスでは、iPhone3Gを配布しています。チーム専用アプリが内蔵されていて、選手名を選んだ後、試合日や対戦チームなどから特定の打席を検索すると、そのときの映像が配信されるそうです。移動時間中でも自分のスイングの癖や相手ピッチャーの特徴などを動画で確認できるようになっていると。
 これは、北京五輪で銀メダルを獲得したフェンシングの太田雄貴選手が「iPod touch」で対戦相手の動画を持ち歩いて研究していたという話を聞きつけた孫正義オーナーの思いつきからスタートしたのだそうです。
 
 さらに、小久保選手は、チームから支給されているiPhone3Gだけでは満足できず、プライベートの携帯電話を新モデルのiPhone3GSに機種変更したそうです。
 

 「iPhone 3Gのおかげでパソコンを持ち歩く機会は減った。最近は2泊3日ぐらいの遠征ならパソコンは持っていかない」
 孫オーナーが決算会見などでiPhoneの利便性を語るとき「出張にパソコンを持っていかなくなった」という話をよくするが、まさか同じエピソードを小久保選手から聞くとは思わなかった。」
(前半戦2位 ホークス復活の陰に「iPhone 3G」)

 小久保選手は、引用先で「食べログ」について述べていますが、私も、日常、使うなかではGPSとグーグルマップとの連携が、特に便利を感じています。

 セルシス関係の電子コミックですが、
 ボイジャーの理想書店は、はっきり言って不満が多い。大いに期待しているので、今回は書きませんが。

« ボンクラが社長をしていても | トップページ | イー・ギャランティ »

コメント

iPhoneGS良さそうですね。

何より楽しそうなのが良いです!

私も買いたいところですが、家族がドコモユーザーなので買い換えできず・・・。

  AKIさん、こんにちわ。
 私もドコモからの乗り換えで、乗り換えのご褒美として、5000円の商品券か、白犬のお父さんの巨大なストラップ(CMでしているやつ)のどちらかを選ぶように言われました。
 「あのストラップは5000円の値がするのか!」と思いました。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3873/45944038

この記事へのトラックバック一覧です: 待ちに待ったiPhoneGS:

« ボンクラが社長をしていても | トップページ | イー・ギャランティ »