« 打順組み替え | トップページ | それぞれの売買戦略 »

2007.11.12

相場雑感

 以前、信用追証換金売りが殺到すれば、安く買えるチャンスと考えて、決壊するラインを想定し、《マザーズ指数が過去7日間の高値より、10%以上下落したら、中短期銘柄は売却し、その後、セリングクライマックスで下で買い戻すか、過去7日間の新高値を出すまで買い戻さないというルール(拙稿「信用追証暴落チャンス」参照)》を作りました。(←長期投資家にあるまじき行為)

 しかし、以前は有効に機能したルールも、昨年秋以降は、今ひとつです。おそらく、信用全力買いの人たちが減ってきたのではないでしょうか。私自身も、このルールは放ったらかしにしてきましたが、記録だけはつけていました。
 そして、11月5日。フィンテックの見切り売りをした、その次の日(先週の火曜日)に、上記ルールが点灯しました。(10月29日965円→11月6日864円 10.5%down)
 そこで、換金した分はそのままにして、信用暴落が起こるかどうか、待っていましたが、ずるずる下がるものの、やっぱり新興市場においては暴落セリングクライマックスというほどのものは起きていません。
 さすがに、日経平均が一時500円安。今日こそは、暴落だろうと思っていましたが、

アイディーユー  +6.43%
シンプレクス・テクノロジー +3.40%
アセット・マネジャーズ(株)  +1.91%
タビオ +0%
メビックス +0%
イー・ギャランティ -1.26%
リサ・パートナーズ  -1.54%
メディカルシステムネットワーク -2.99%

 普通の日と、代わり映えがしませんでした。強くなってきた感じがします。
 それとも、これからなのでしょうか。

 私の相場観は、まったく当てになりませんが、
 サブプライム問題にして、8月の暴落は「底が見えない恐怖」の下げ。今回は、損失が見えてきた下げ。悪材料出尽くしとでも言える状況のような気がします。
 私は、景気後退<過剰流動性、と考えているので。

« 打順組み替え | トップページ | それぞれの売買戦略 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3873/17053804

この記事へのトラックバック一覧です: 相場雑感:

« 打順組み替え | トップページ | それぞれの売買戦略 »