« チップワンストップ | トップページ | イー・ギャランティ »

2007.09.10

安倍首相に覚悟はあるか

 安倍首相が9日のシドニーでの会見で、いわゆるテロ特措法の給油活動の継続に向け「職を賭して取り組んでいく」「当然、私の職責にしがみつくことはしない」と述べたことに対して、多くの国内メディアは、継続不能の場合に、総辞職する可能性に言及したと報道しました。これが、盛り上がるのか、しぼむのか、まだわかりませんが、こんなことを考えました。

 2年前の郵政選挙の前、郵政問題が盛り上がる前は、世論調査では、「自民党大敗」と出ていました。
 しかし、結果は、自民党圧勝。理由は簡単です。
 郵政解散前の選挙の焦点は、
 「自民党」対「民主党」の政権交代
 しかし、郵政解散によって、
 「郵政民営化」対「民営化反対」
 焦点が、変わってしまったのです。

 安倍首相は、どんなに長くても2年以内、まあ、来年度までには総選挙をせざるを得ないです。そして、「自民党」対「民主党」の政権交代が焦点となれば、自民党大敗は免れません。だとすれば、対応は1つ。小泉首相にならって。選挙の焦点をすり替えることです。

 つまり、「国際貢献」対「一国平和主義」を焦点として選挙するということです。
 もちろん、民主党も、「一国平和主義」を党是とするほど、非現実的ではありません。しかし、郵政問題でも、必ずしも、郵政反対の抵抗勢力ではなかったのですが、「条件付きで民営化賛成」などとややこしい話しが通じるわけもなく、行きがかりで抵抗勢力というレッテルを貼られてしまったのです。
 もちろん、給油活動以外にも、テロ対策国際貢献の方法など、いくらでもあるのでしょうが、そういうのは、長い説明が必要でありややこしくて、少なくとも外国から見れば「一国平和主義への回帰」みたいなイメージは否めないです。日本人は、外国からどう見られているかを気にしますから。

 「国際貢献」対「一国平和主義」を焦点として選挙をすればどうなるでしょうか。
 世論調査では、いつも、5分5分という感じですが、「アメリカはけしからん」とか言っている人も、アメリカに甘ったれている部分がありますので、実際にはわかりません。
 甘ったれてアメリカを批判しているような人が、諸外国から、「もし、日本が国際貢献の枠組みから外れたら、日本は孤立する」などと脅されても、平気で「一国平和主義」に投票するでしょうか。
 
 どちらにしても、安倍首相としては、「政権交代」がかすむような国論を分ける「1つのテーマ」を前面に出して選挙をするしか、選挙に勝つ道はないのですから。逆に言えば、明確な焦点がなく、スキャンダルとかをちくちくさえしていれば、民主党は勝てるのです。
 郵政選挙のとき、「世論調査では、自民党大敗と出ているから、小泉首相は総選挙に打って出ることはあり得ない」と抵抗勢力は、甘く考えていました。追い込んだつもりが、自分たちが追い込まれていたのです。やりすぎました。小沢党首も、本当に信念を持ってしているのなら別ですが、戦術ミスとなる危険も。

 安倍首相は、テロ特措法というピンチをチャンスにかえることができるでしょうか。それとも、このまま、しぼむのでしょうか。

 

« チップワンストップ | トップページ | イー・ギャランティ »

コメント

安倍総理、覚悟ありすぎでしたね。

このままではテロ特措法の給油活動延長は無理と踏んだのでしょうかね?

選挙に関してはその時の風意気で勝ち負けが決まってる感じがします。

前回の衆院選、今回の参院選、結局国民はメディアに追従しちゃう感じですね!
たたいてほこりが出ない政治家なんてそんなに居ないと思うんですが、どうも閣僚ばかり狙い打ちにされてるように
感じました。
それこそ自民党時代の小沢さんなんて、ホコリが服着て歩いてるような人でしたよね。

メディアにはもうチョット公平な報道を願いたいです。

こんなんで日本は美しい国に慣れるのでしょうか?


 正直、がっかりしました。
 小沢さんは、「佐川事件」の、限りなく黒に近い「灰色」で、とても「政治と金」を議論できるような人ではなかったはずですが、いつの間にか「汚れた金まみれ政治家」から「改革行動政治家」へ、イメチェンしていました。
 それに比べると、安倍さんは、生真面目すぎると言うか、老獪さが足りなかったということでしょうか。国民に「頼りない」と印象を持たれるのも、仕方なかったような。

総理になる前は拉致議連などでき然とした態度で
臨んでいた印象があったのですが、総理になったとたん
そんなタカ派的態度が一変してしまいましたね。

党内からも真綿で首を絞めるような圧力が結構あったんでしょうね。
「もうやってらんねーよ」って発作的にやめてしまったのでしょう。

次は石破さんが良いかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3873/16403383

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相に覚悟はあるか:

« チップワンストップ | トップページ | イー・ギャランティ »