« ナルミヤ・インターナショナル | トップページ | メディカルシステムネットワーク »

2007.04.13

アセット・マネジャーズ

3回めの投稿です。今週は忙しくて、ほとんど相場に注目していませんでしたが、アセット・マネジャーズが来期予想をきっかけに暴落(2日間で、203→170)しているではありませんか。

アセット・マネジャーズの業績については、私は、拙稿「リサ・パートナーズ」で、書いたとおり、リサに比べれば相対的に弱気ですが、それでも強気です。発表された決算説明資料を読んでも、成長シナリオが崩れているとの印象は、ありません。昨年度期首予想は、1Qに大型売却が見えていたので、予想事情が違います。M&A事業のEXIT時期(国内1件、国外1件、等々ということですが)と儲けの程度が読めないので、会社発表予想も控えめにならざるを得ないでしょう。とはいえ、がっかりはあります。

 業績予想を、サラリーマンに例えると、
 給料は毎年上がっている。
 去年は臨時ボーナスが奮発されたが、今年は控えめ。
 年収総額で見ると、昨年並みの予想。しかし、ボーナス次第では上方もあり。
 といったところ。

 臨時ボーナスたる、投資先のEXIT時期ですが。単純化して書けば、EXIT価格(投資額+キャピタルゲイン)は、将来インカムゲインを現在価値に割り引いたものです。つまり、EXITしなくても、インカムゲインは入ってきます。理屈としては、もっとIRRの高い案件が見つかるまでは、EXITしないままでインカムゲインを稼ぐほうが良いかもしれません。これは理屈であって、現実は、初期段階のほうが、リスクと引き換えに利益率が高いに決まっていますので、そうはいきませんが、キャピタルゲインは需給の影響を受けますので、新興市場が軟調な間は、EXITしてもらいたくないですね。
 今期利益、来期利益、さ来期利益、なんてのは、株式投資に例えれば「他銘柄に乗り換えるために、いつ、利益確定するか」だけのことにすぎません(流動資産の時価評価部分を除く〜第1回拙稿参照)。今期利益と前期利益を比較して、成長鈍化だなんだ、なんて。

 今回は、予想以上に狼狽売りが多かったと思いました。裏目じじいのパワーを思い知りました。私は、当然、ホールドです。説明資料で、中国投資のイメージも、少しはつきました。
 偉そうなことを書きましたが、私自身が、アセット・マネジャーズの裏目じじいから卒業できるように頑張りたいと思います(爆)。
 
 
      □ これまでの投稿 □

1回目  2006.08.23
2回目  2007.03.31

« ナルミヤ・インターナショナル | トップページ | メディカルシステムネットワーク »

コメント

2回目の投稿のコメントの返信で否定的見解をいただいたので、火傷せずにすみましたw
そのとき空売りしておけば更によかったのですがw

 アプロシードさん、こんにちわ。
 私は、どうしても長期的成長のほうに目が向きます(短期は軽視しがち)ので、一般平均に比べても、短期相場予想をする能力は、かなり劣っていると思います(そもそも興味が薄い)。私のコメントなどを、短期のあてにされているようであれば、いずれ、大きな火傷を負うと思います。

 覚え書き。
 アセットの19.2.28投資先であるワイズ(投資額1008百万円)が、好決算及び、好見通しを発表していました。

ご指摘ありがとうございますw
アセマネは吹き値の空売りを狙っていたんですが吹かずにしぼんじゃいましたw

将来ちゃんとキャピタルゲインがはいってくるかはわからないですよね(キャピタルロスになるかもしれないですし)。

中国投資のイメージを教えてください。私はまったくイメージが湧かなかったのでw

中国投資については単に中国で投資をやっているというイメージしか湧かず、かつ営業損失になっているのでほんとに大丈夫かと思いましたw
私は投資スタンスではなく傾聴するに値する意見か否かで判断しています。むしろ投資スタンスが違う人の意見の方が参考になると考えていますw
参考にするとは鵜呑みにするのとは違いますからねw

あれ?
ゆきおんさんのコメントが消えているw
①どの程度中国投資の知識があるか分からないから教えられない
②そもそも投資スタンスが違うから参考にならない

 アプロシードさん、
 ちょっと、失礼なコメントかなと反省し、自分のコメントを削除しました(アップしてすぐに削除したのですが、早い!)。
 中国投資その他について、所詮、断片的イメージを作って寄せ集めているだけです。例えば、2月末に提携したワイズテーブルコーポは、中国の大都市で高級料理店を展開するビジョンを持っていますが、アセットは中国の不動産で優良テナントを誘致することで資産価値を向上しようとしています。こういうシナジーをイメージすることは、伊藤忠との提携でもできます。キャピタルゲインといっても、自分の手で価値を向上させてのキャピタルゲインです。不良資産とか更地を安値で取得してキャピタルロスなら、よっぽどの無能なので、そんなことはないと思いますが、肝心なのは、利益率と回転率です。
 ただ、今は、そんな事業分析よりも、いかに安値で拾うか、見過ごすか、の相場分析の時期ではあります。

私としてはいかに吹き値で売るかが関心事だったのですがちょっとさがりすぎたのであるいは拾うことに関心をもった方がよいかもしれませんw
いずれにしても参考になりましたww

いつも偉そうなブログに次の記載がありました。
「アセットが決算説明会の動画の中で自分たちの中国事業がいかにも同業他社がやっておらず、他社が真似できないために先見の明があるように言っています。
これは間違いなく大嘘です。
はっきりいって私に言わせればアセットなんて後発の中の後発であり、投資額もカスみたいなものです。
確かに分類上、投資銀行と呼ばれている会社の中ではここしかやっていないと思います。
でも残念ながら、日本の商社って海外では投資銀行と全く同じことをやってるんですよね。
特に伊藤忠なんか10年以上も前から、多額の出資をして、人材を送り込んで、厳しい指導(私の知り合いは1年の半分を中国で過ごしていた)の結果、品質を向上させた上で、日本の顧客に営業してくれているのです。中国側にとってみればワンストップで至れり尽くせりです。
事業内容だけを見れば商社は完全に投資銀行なんです。(相変わらず商品の横流しだけの所も多いですが)資金力やマンパワーを見てもアセットがここまでできるとは到底思えない。しかも負け組みと呼ばれる小さな商社でさえかなり前から参入していた。違いといえば商社は金融技術は持ち合わせていないことです。
特定の業種、例えば不動産流動化だけしか見ていないと、とてつもない強大なライバルの存在を見落としてしまうことになるでしょう。」
この人はアセットと伊藤忠が業務提携、資本提携をしているのを知らんのだろうねw哀れやなw

 アプロシードさん、こんにちわ。
 ご紹介の文章は、当たっている部分もあると思いますし、私には、大手商社とアセットの、中国経済界での影響度の度合いなど、知識もありませんが、
 どうみても、巨大市場であり、小さなパイを奪い合っているのではないと思っています。第一、ライバルという言葉を持ち出すのなら、日本の商社以上に、欧米やイスラムも、そうでしょうし。
 

 上記コメントは、元ブログを読まずに書きましたが、今、元ブログを読みました。
 その方は、リサパートナーズの保有者であり、リサとの比較という観点で書いておられたのですね。文中にリサの文字は出てきませんが、この方は、アセットへの投資に興味があるわけではなく、リサを分析するためにアセットを持ち出したにすぎません。だとしたら、
 
 リサ = 国内地方案件に強み
 アセット = 中国案件に強み
 
 そういう文脈で読むと、リサの地方でのポジションと、アセットの中国でのポジションを、ライバルとの関係においてのみ、比較すると、リサのほうが、有利なことは私も同感です。

財務内容があまり変わらないなかで現状のPERの差を肯定できるほどリサの業務内容が有利か(アセットが不利か)というとどうでしょうかね?

>現状のPERの差を肯定できるほど

 今の予想PERではなく、結果としての今期PER(つまり、上方修正期待込み)で考えると、どうなるのかわかりませんが、だとしても、アセットは比較しても安すぎ、という感じはあります。
 ただ、私自身、なぜ、アセットよりリサのほうを(かなり)多く保有しているのか、その理由は、リサのほうが安心できるという点につきます。たとえば、中国は、政策変更で、どうなるかわからない国だという不安はあります。

中国には日本の商社が10数年前から投資してしまっていて、アセットが食う市場のパイはもう、残ってないよ・・という趣旨の文かと思います。

ただ、定性分析の根拠として、中国で1年半過ごした友人(たぶん1人かそこら)の話しだけでは、少し弱いかな・・と思います。

メザニンについて知りたくて、たまたま、M&Aの市場規模・・というのを、調べたことがあります。

M&AとGDP比(日本3%、欧州13%、米国10%)なので、日本は欧米並みに延びる・・という趣旨がネットのどこかのレポートにあったのですが、中国にも当てはめるなら、今でなく将来のGDPとM&Aの比率という点でみると良いかと思います。

しかし、仰るとおり、日本の商社がほとんど投資してしまって、EXIT待ち・・(ここまで極端な話題ではないと思うが)であれば、【商社の中国での投資額/全体の市場の残り】を計算してみないとわからないですね。

リサとアセットどっちが良いか?という議論はちらほら、昔からありますが、

リサ・・債権回収、小型不動産、観光地、企業再生(国内)
アセット・・大型開発不動産、企業再生・未上場企業投資(国内、中国)

というくくりかと思いますが、分野そのものはあんまり
激しい競合はないように見えますので、比較しずらくて

それぞれの分野で、市場の残がどれだけあるか・・で比較しないと、(株価上昇余力としての)優劣の差も出ないかと思います。

また、投資先の優劣も把握しないといけないかと思います。
アセットの中国・国内の投資先はほぼ押さえましたが

例えば国内はこれ。

http://quote.yahoo.co.jp/q?s=3758+2340+9439+3069+2798&d=v2&k=c3&h=on&z=m

リサについては、不勉強で、不動産・債権ふくめ、主なものがどこになるのか、しりません。それを知った上で、どっちがきちんとEXITしていけそうか・・判断するのがベストかと思いますが、

とてもめんどくさいし、両社より、割安な流動化銘柄もありそうだし、そこまで時間を費やす価値があるか?
という疑問もあります・・

>結果としての今期PER(つまり、上方修正期待込み)で考えると、どうなるのかわかりませんが

そりゃ確実にどうなるかはわからんが、会社発表の今期予想ではアセットの潜在株式を考慮しても1.5倍くらいの違いがあるだろうよ

 らうさん、

>とてもめんどくさいし、両社より、割安な流動化銘柄もありそうだし、
>そこまで時間を費やす価値があるか?
>という疑問もあります・・

 同感で、どちみち分析がめんどくさいなら、大手商社なんかのほうが、割安だし、よいのではないか(他には新興市場銘柄を持つなら、値動きバランス的にも)、
 ハイリスクハイリターンと言われる新興市場で、リターンを見込むなら、分析が簡単で、分析をしっかりすることでリスクに対処するほうがいいのではないか、という気持ちに、どんどん傾いています。
 
 まあ、今の相場だから、そういう気持になるわけで、
 相場の雰囲気が変われば、わかりませんが(笑)
 

 アプロシードさん、
 例えですが、
 もし、100万円分だけ、ネットエイジと、住友金属鉱山の、どちらか1つだけ株が持てる、としたら、私は、ネットエイジを選びます。夢があるから。
 また、もし、10億円分だけ、ネットエイジと、住友金属鉱山の、どちらか1つだけ株が持てる、としたら、私は、住友金属鉱山を選びます。安定を第一と考えるから。
 そして、現実の私は、住友金属鉱山を保有し、ネットエイジは保有していません。なぜか。他の銘柄とのバランスがあるからです。
 正直なところ、アセットとリサのどちらが良いか、なんて、投資する人の状況で変わるのであり、意味がないと思います。

 ちなみに、ちょうど1年前にも、アセットのほうが、どう見てもリサより割安と見られていたのであり、しかし、リサはプラス5%、アセットはマイナス50%という結果です。

>正直なところ、アセットとリサのどちらが良いか、なんて、投資する人の状況で変わるのであり、意味がないと思います。

どちらがよいかなんて別に関心ないよ。
あなたが例のブログでリサと比べてアセットを持ち出していると言ったので言うほどアセットて悪いのかねと思ったんだわ。
こちらが関心ないことを語られてもそれこそ意味ないぜ。

俺はなるほどと思った。

このブログでコメントするなら、郷に入れば郷にしたがえ。管理者と関心がずれているとすれば、あんたの質問がずれているだけのこと。

このブログの管理者は、あんたの質問に答える義務も義理もなし。

あんたのコメントにかこつけて、自分の書きたいことだけを書くのは自由。当然のこと。それを読んで、なるほどと思う、俺のような読者がいるわけだ。

他人のブログを批判するなら、そのブログでコメントすればいいんじゃないの。あんたのしていることは、反則でしょう。

アプロシードさん、
on the Oneさん、

 あのですね。
 反則と、書かれちゃったので、書きますが、
 私は、自分のブログが自分の知らないところで批判されるのは嫌です。反論の機会さえない。
 同様に、他ブログの批判なら、そちらのコメント欄ですればいいこと。このブログでしてもらいたくないんです。当たり前でしょ。だから、原ブログをコピー&ペーストされた批判コメントを見たときは、「勘弁してくれないかな」と、正直思いました。ただ、そんな糾弾を、ここで露骨に書いても無骨なので、回りくどく、別の話題にすり変えようとしてきたんです。そのあたりの、行間を読んで欲しかったですね。

 基本的に勘違いされていると思いますが、
 ここは、ヤフー掲示板のような「公共の場」ではなく、私のプライベートな「マイホーム」なんですね。ここでは、私の関心に合わせていただきたいですし、同じ関心を共有して、良いコミュニケーションをしていきたいと思っています。他人の関心に、私が合わせるつもりはありません。

 こんな言い争いを続けても無意味なので、これで終わりにしてください。争うなら、別のところに移ってお願いします。
 以下、この話題が続いたときには、一方的に削除します。
 

ゆきをんさん、こんにちわ!
それこそ、よその家で騒ぎを起こしてしまって申し訳ありません。
ROMに戻ります。

例のブログはコメントを受け付けていない。
事実の指摘をしただけ。
「あんた」と呼ばれる筋合いはカケラもない。

 もう言い尽くしましたか。
 それでは終わりにしてください。

 別に、来訪者一人が何を書こうが対応次第で収束させられますが、
 来訪者二人が争いだすと、終わらないので困るんです。
 ご配慮ください。

アセットは1年前からマイナス50パーセントですかwww
長期保有はとてもできませんなぁwww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3873/14669119

この記事へのトラックバック一覧です: アセット・マネジャーズ:

« ナルミヤ・インターナショナル | トップページ | メディカルシステムネットワーク »